愛しのタレ目な風俗嬢

薄いのもまた、良いかもしれない

本当に偶然でしかないんですけど、この前の風俗嬢は色素が薄いこだったんですよね。だから眉毛も薄いんでしょう。しっかりメイクしていましたけど、実際は結構薄いんだろうなって。それに、アンダーヘアも相当薄かったです。最近では手入れしている風俗嬢も多いんですけど、彼女のアンダーヘアは手入れをしているのではなく、手入れをしていないのにあそこまで薄いんですよ。彼女自身も「パイパン風俗嬢に間違えられる」みたいなことを言っていましたけど、遠くから見ると確かに毛そのものが薄いのでパイパンに見えるんですよね(笑)だから、手入れしてあるパイパンよりもある意味感動しました。ちょっとしたことなのかもしれないんですけど、それだけでも自分に大きな感動をもたらしてくれました。外見も可愛いと思いましたけど、それよりもあの色素の薄さが一番印象に残っているんです。だからこれからの風俗では、その点も注視して女の子を選びたいなって思いました。

美形。それで緊張したんです

あれだけ美人風俗嬢は、自分の記憶にないですね。エロいというよりもとにかく美人。美人すぎて色気が消えている人って女優さんとかでもいるじゃないですか。彼女はそういったタイプの美人風俗嬢でした。美人というよりも、美人過ぎるんです。あれだけの美形風俗嬢を前にして緊張しない男はなかなかいないんじゃないですかね。余程ハイレベルな美人と接するのに慣れている人じゃないと、彼女クラスの美人を前にして緊張しないってことはあり得ないんじゃないかなってレベルですね(笑)それだけに、自分自身彼女との時間はとっても楽しめました。緊張もしましたし、終始ドキドキしていましたけどそれが刺激になったのも事実ですし、それだけの美人が自分に奉仕してくれる訳です。やっぱりそこは男として嬉しいし興奮するしで、やっぱり風俗では単純に美人を指名した方がこれだけ楽しめるものなんだなってことに気付かされたような気がしますね(笑)とにかく最高でした!