愛しのタレ目な風俗嬢

じっくり。それがいいと実感

あまり焦って楽しむよりも、余裕を持っている時にじっくりと楽しむ方が断然良いと思うんですよね。それは、風俗というか、単純に自分の気持ちもまた、全然違うものになるじゃないですか。余裕のある時と、あまり余裕のないときとではやっぱり気持ちの面では違うんです。だから、精神的にも時間的にも余裕のある時にこそ風俗は楽しむべきものであって、何でも良いとか、ギリギリで楽しむとかではないんですよね。これってちょっとしたことかもしれないんですけど、結構重要なんです。なぜなら、いつだったか終電ギリギリのラインで風俗に行ったんです。すると、プレイ中なのにどうしても終電の時間のことばかりを考えてしまったんですよね。その時に思ったんです。これは勿体ないなって。こんな気持ちになりながら風俗で楽しむよりは、何も不安やプレッシャーがない時の方が断然女の子に集中出来るんですよ(笑)それに気づいたので、風俗は基本的に余裕のある時の方が良いんだなって。

美乳派の自分なのに…

どちらかと言えばと言うレベルではなく、美乳が大好きだったんです。やっぱり男に無いものじゃないですか。だから風俗では美乳を選ぶようにしていたんです。大きさはもちろんですけど形や張りなど、いろいろなものを楽しみたいって思うじゃないですか。でも、この前遊んだ風俗嬢はかなりの微乳でした。大きさを求めている自分が微乳風俗嬢と…。さすがに初めはショックというか、チェンジしようかなって悩みましたけど、たまには気分転換に良いかなってことで微乳風俗嬢との一戦を楽しみました。ホームページでは私服で掲載されていたのと、胸元がゆったりした服装だったのでどれくらい大きいのかよく分からなかったんですよね。でも実際の彼女は微乳。それだけでもちょっと驚きましたけど、でも感度の良さとか微乳にもそれなりに魅力があるってことに気付かされたんですよね。だから今後の風俗では微乳も選択肢の一つにカウントしても良いのかもしれないなって思いましたね。