愛しのタレ目な風俗嬢

目の前で行われたことが…

まさかというのが本音でしょうか。目の前にいた風俗嬢が自分にあそこまで奉仕してくれるとは自分でも想像していなかったというか、あれは完全にマゾですね。それだけに、奉仕してもらっている間は快感はもちろんですけど、優越感があったんです。気持ち良いだけじゃなく、これだけ美人な風俗嬢を屈服させているというか、まるで自分の奴隷かのように扱うことが出来たんです。もちろん風俗だからこそ許されているというか、そういったプレイだからこそなのもよく分かっているんですけど、あれだけの美人にあそこまでされると、それだけでいろいろな気持ちを味わうことが出来るんだなってことにも気付かされましたね。風俗の楽しさの種類は千差万別だと思うんですけど、こういった楽しみ方もあるんだなって気付かされました。だから今後はもっといろいろな形で楽しませてもらうのも、それはそれで悪くはないんじゃないかなって思いましたし、またいずれいろいろと楽しみたいですね。

待ってくれていると思ったら嬉しいですよ

お気に入りのEちゃんはお世辞が上手い風俗嬢なんですよ。いつも必ず自分が指名すると「待っていたよ」と言ってくれるんですよね。それだけでも嬉しいものじゃないですか。それが自分自身の中で気持ちを盛り上げてくれるものになるのは言うまでもないんですよね。やっぱり男なんて単純なものじゃないですか。「待っている」なんて言われたら相手が誰であろうがそれだけで嬉しい気持ちになっちゃうものなんですよ。だから彼女、プロの風俗嬢だなって思いますよね(笑)そこら辺の男のコントロールが上手ってことじゃないですか。だから彼女とのプレイは「待っていた」という言葉から始まって、快感そのものまで彼女にコントロールされているかのような時間を味わうことが出来るんです。それが自分としては楽しくもあるんですよ。ある意味快感の予定調和というか、彼女にしっかりとコントロールされれば気持ち良くなれるのは目に見えているんです。任せておけばいいってことですよ(笑)