愛しのタレ目な風俗嬢

正直な気持ちが大切です

自分に正直な気持ちを持つことこそ、風俗で後悔しないための方法なんじゃないかなって思いますね。誰かに見られているとかではないので見栄を張ったり他人の目を気にする必要は一切ないんです。自分でどう楽しみたいのかを模索して、自分の主ように楽しめればそれだけで十分なんじゃないかなって思うんですよね。だから自分も風俗では熟女と楽しんでいます。若い子も悪くはないんですけど、熟女は本当に献身的です。まず、大前提としてお客を主役として扱ってくれますよね。当然の話と言えば当然ですけど、でもそれをしてくれるとやっぱり男としては嬉しい気持ちになるんですよね。常日頃「熟女が好き」とはちょっと公言出来ない部分もありますけど、風俗で楽しんでも誰に見られているでもないですしね。だからこそ、風俗では自分の気持ちに正直になって楽しむべきかなって。熟女はもちろんですけど、自分の趣味に文句を言う人はいないんですし、気持ちは正直にです。

重視するのは案外シンプル

これだけ数多くの風俗嬢の中から一人だけを選ぶ…まぁ3Pなら二人ですけど、基本的には一人ですよね(笑)なかなか簡単なことではないですし、さらに言えば誰を選ぶのかによっていろいろなことが変わってくるじゃないですか。そこに大きなカギがあるんじゃないかなって思うんですよ。つまり、風俗はやっぱり女の子次第なんですよ。誰を指名するのかによって、大きく変わるものなんです。そのために、ホームページやポータルサイトをチェックして、どれだけ自分の好みの女の子を見つけられるのか。これが風俗ではカギを握ることだ…とずっと思っていました。でも最近は少し事情が変わってきたんですよ。それは、選んで終わりじゃなくて、選んでから。これもまた、大切なんじゃないかなって。風俗嬢を選んで「はい、楽しませてください」じゃ女の子のモチベーションだって上がらないでしょう。それよりは風俗嬢とまずはコミュニケーションを取り、自分を伝える。これですよね。