愛しのタレ目な風俗嬢

快感をと考えることが好きです

どんな快感が待っているのかを考えて風俗で遊ぶようにしていますので、女の子というよりもジャンル重視ですかね。まぁジャンルの次には風俗嬢選びで楽しませてもらいますけど、ポータルサイトを見ていても、結構いろいろなジャンルがあるじゃないですか。さらにはジャンルによってもやっぱり風俗嬢次第で微妙に感覚も変わってくるだけに、こちらの選ぶことは多いんです。それもまた、風俗の楽しさの一部かなとは思いますよね。他に出来ないじゃないですか(笑)自分の好きなように楽しめるだけじゃなく、そもそも自分の好きなように選べるところから風俗の魅力は始まっていると言っても過言ではないんです。それだけに、風俗で遊ぶのであれば、やっぱりまずはポータルサイト等で自分の情報を整理することが大切になってくるんじゃないかなって思いますよね。ある意味、風俗の中でも選ぶってことの方が重要なのかなって。そんなことも考えつつ、遊んでいますけどね(笑)

一番ピンポイントだと思う

自分へのご褒美として、風俗はピンポイントなんじゃないかなって思いますよ。だから自分も自分へのご褒美にってことで風俗で遊ぶこともあります。もしももう少し風俗の料金が高いとなれば、ご褒美にしてはちょっと高価になってくるので抵抗が出ますし、もっと安ければご褒美にするようなものではないかなって。上手い線を突いていますよね(笑)それに、このくらいの額であればちょっと美味しい外食を食べれば同じくらいになるので、そこまで大きな抵抗もないじゃないですか。普段であれば高いって思っても、「自分へのご褒美」として考えるならそこまで高くはないかなって。こうしていろいろなことを考えると、結局の所、風俗は自分へのご褒美としてピンポイントだなってことに気付かされるんですよね。だから自分でもいろいろな候補が上がるんですけど、結局風俗以上に適しているものはないんじゃないかなって。それでいつも自分へのご褒美は風俗で決まりなんです。