愛しのタレ目な風俗嬢

いつかはという思いが叶った

いつかは風俗に行きたいって思っていたんですけど、その願いがようやくかなうことになりました。それだけに、自分でもその時の興奮がまだまだ冷めやらないんですよね(笑)風俗がどんなものなのかはそれまでは想像するしか出来ませんでした。でも実際に足を運んだことによって、体で覚えることが出来ました。それが自分にとっては嬉しいし、大きな一歩を踏み出せたんじゃないかなって思っているんですよ。やっぱり0と1って違うじゃないですか(笑)1と2はそこまで大差ないんですけど、それまで一度も行ったことが無い場所には自分の意志だけでは難しいですよね。そう思って何度も風俗を躊躇してしまう自分がいたんですけど、思い切って遊びに行って良かったです。そして、遊んでみてそこまで警戒するようなものではなく、気軽に楽しめる場所だなってことも分かったので、これからはもっともっと自分の気持ちに素直になって、風俗の世界を楽しみたいなって思います(笑)

プレッシャーの問題はありますね

自分自身、プレッシャーに弱いタイプでもあるので、風俗を楽しむ時にはなるべくあれこれ考えないようにしているんです。考えすぎると、結局の所あまり楽しめないことが出てくるというか、自分でもどうすればよいのか分からないことが出てきちゃうと思うんですよ。だから自分でも考えたんです。どうすればあまりプレッシャーがかからないで済むのか。これはとあるホームページを見ていてなるほどなって思ったんですけど、プレッシャーは自分への過大評価だと。自分で何かをしようと思うからプレッシャーになるのであって、自分はなにも出来ないって思ったらプレッシャーなんてかからないと、聊か哲学的ではありましたけど、これはなるほどなと。だからこれを見てからは、風俗は自分で何かをしようとか、頑張ろうとか思うんじゃなくて、相手に任せて自分はまったりとする。そう心掛けることに決めたんですけど、そう思ってから風俗が毎回のように気楽になりましたね。